エアウェーブ


before

エアウェーブ
After

業界最高峰のパーマにしてIVORY人気No.1のパーマです!

【エアウェーブ】
髪を傷めず、空気の力を使って
外国人髪のような
やわらかくしなやかなウェーブをつくりだす
業界最高峰のパーマ機器です。

髪内部で作り出すウェーブ構築が
従来のパーマとまるっきり違う概念でできているので
手触り、傷み、持続性が圧倒的に違います。

手触りはやわらかく弾力があり、
傷みは少なく、
通常のパーマの3倍持ちます。

photo_01.jpg
エアウェーブって?
毛髪内部は「CMC(Cell membrane complex:細胞膜複合体)」や「コルテックス」等、複数の構造から成りますが、それらはペプチド結合、SS結合、イオン結合、水素結合という4種類のいずれかの結合によって結びついています。
 
通常のパーマは、ロッドに巻いた毛髪に、パーマ剤(1剤)を塗布<もしくはパーマ剤(1剤)を塗布した毛髪をロッドに巻く>して、その後パーマ剤(2剤)を塗布します。これは、パーマ剤(1剤)によってSS結合を切ることでCMCを柔らかいゴム状態にし、コルテックスが動ける環境を作り、パーマ剤(2剤)によってSS結合を再結合してウェーブを形成しているのです。
 
air waveは、この一連の流れに影響を及ぼす毛髪の「温度と水分量」のバランスを、空気の力で適切にコントロールし、コルテックスの移動を促進させるのですが、よりスムーズで効率的なコルテックスの移動を促すのが「クリープ」、そして移動したコルテックスを、その位置にきちんと固定させるのが「ガラス化」です。
 
クリープとは、一般的には、物質に一定の温度や応力がかかり続けたときに生じる変形のことをいいます。
毛髪のCMCは常温常湿では安定しています。※この状態のことを「ガラス状」と呼びます。
エアウェーブでは、パーマ剤(1剤)によってSS結合を切った後、クリープに適した温度と湿度を与えます。そうすることで、CMCが柔らかなゴム状態になり、それによってCMCが接着していたコルテックスはロッドに沿って、ゆっくりとストレスの無い位置に移動し、毛髪はウェーブ状になります。ただし、このままではCMCはゴム状態なので、つくったウェーブは安定しません。
 
ガラス化とは、一般的には、温度の低下により高分子(タンパク質や脂質などの分子量1万以上の化合物)が柔らかなゴム状態から、硬質なガラス状態になることをいいます。
エアウェーブでは、クリープを行った後の不安定なウェーブを、温度と湿度をコントロールして、CMCをガラス状態にした後、常温に戻します。こうすることで、コルテックスは常温常湿でストレスの少ない位置で固定されます。
この後パーマ剤(2剤)で、その位置を記憶させます。
 
クリープを行うことで、パーマ剤(1剤)の作用時間が短くて済むためケミカルダメージが抑えられますので、柔らかな手触りになります。
また、コルテックスがストレスの少ない位置に移動するため、美しいリッジに導くことができます。
一方、エアウェーブの工程では、ガラス化後の常温常湿状態、つまり日常生活状態に戻してからパーマ剤(2剤)を塗布しウェーブを記憶させる訳ですから、日常生活状態で美しいスタイルが再現しますし、濡れている時はクリクリだけれども、乾かしたら伸びるというようなウェット時とドライ時の差が少なく、高い持続性も発揮します。その上、キューティクルも歪みが少なくきれいに整うので、なめらかな手触りになります。



↓その他のお悩み解決プロダクツ↓




~~~~~~~~~~~~~~ 

☆IVORYのご予約インフォ☆
 電話予約受付 朝8:00~ 
0337151408】 
Net予約 365日24時間対応
 【こちら】 
 サポートメール 365日24時間対応 

 ~~~~~~~~~~~~~~ 
IVORYでは 

スタイリスト①、アシスタント③, 
パート、アルバイト

を大募集しています。
≪サロン見学受付中≫
Tel 0337151408 
~~~~~~~~~~~~~~